雑感

「話せば分かる」「読めば分かる」?

「話せば分かる」

これは犬養毅の言葉として有名です。海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入した時に「面と向かって話したい」という強い姿勢の意味で言い放ったそうです。話し合いは聞き入れられず暗殺されますが、「話し合いを!」という姿勢は立派だなあと敬服します。

さて、次の会話は実際のものです。

(保護者)「社会は読めば出来る科目ではないのですか?」

(私)「興味がある子にとっては確かに読めばすっと頭に入るという場合もあります。でも、 そうではない場合も・・・。」

(保護者)「ウーン。でも自分で出来る科目だと思うんですが。」

(私)「・・・。」

以下は私の心の中の言葉です。

(そう思うならば、あなたが子供に「教科書読みなさい。すると分かるから!」って言えば?!読んだだけ出来るならば長年、超低飛空(今後は墜落寸前)になるわけないよね?)

こういうやり取りをしながら「結局は国語力があるかないかで伸びしろが違うんだよな~。」と実感するのです。確かに「社会」という科目に興味があり、「社会」だけが点数がいいという生徒が過去に複数いました。

でも…実は彼らはいわゆる「地頭」がいい、「国語力」を秘めているタイプでした。国語塾に入塾するきっかけは「国語の点数が悲惨なので・・・。」という場合でも、潜在的な「地頭」「国語力」を秘めていたので、短期間で国語の点数、素晴らしく伸びるのです!!!

自分の経験、一般論だけで素人判断するのはいかがなものか?!と思わず「人の振り見て我が振り直せ」だと肝に銘じました。プロや専門家に意見するのが悪いのではなく、持論を押し付けることに対して疑問を持つ私です。

-雑感

Copyright© 国語・読書感想文専門塾 , 2020 All Rights Reserved.