雑感

本当に苦手?!

 

 人は目の前の事物を苦手・嫌いというよりも「嫌い・苦手」な気持ちをどう処理していいのか、どう付き合えばいいのか?が分からない事が多いのではないでしょうか?

 

 多くの学生は「国語、文章を書くこと」に対して「苦手意識」を持っています。でも、よくよく聞くと「国語を嫌い」というよりも「実は説明文が嫌い。」→「説明文を読んでも理解できない自分に対してどう付き合えばいいかが分からない。」という場合が少なからずあります。

 

 その場合には生徒には

①説明文の内容を理解できなくてもOK

②まずはキーワード(複数あり)をチェックする

③対比されているもの、それらの関係性を把握するよう努める

以上3点を意識すると答えを見つけることが出来ると伝えます。すると・・・正答率がグーンと上がり本人もびっくり。

 何事もトラブルや苦手をなくすことは不可能ですが、起こりうるトラブルや苦手な気持ちといかにして付き合うか?の方法を少しでも知っておくことで長く続けられます。

 苦手なことは絶対になくなりませんしなくす必要はありません。しかし、「苦手」という気持ちを認めて、寄り添うことによって行動を起こしやすくなります。ぜひ試してみて下さいネ。

-雑感

© 2021 国語・読書感想文専門塾