勉強法

細分化

 

 詐欺師はウソばかりを並べ立てるわけではなく経済の話など、9割以上は本当の話だそうです。わずかな残りに重大なウソがあり、「なるほど」と聞いているうち、すべてが真実に聞こえるようにするのが彼らのテクニックだそうです。

 これは国語における「傍線部とはどういう意味ですか?適する内容のものを一つ選べ」といった選択肢の問題と全く同じです!!

 選択肢の問題は、文章全体が間違えているわけではないのです。下手すると本当に9割は正解ですが、一部だけが誤りなのです。

 (例)「何人かの人々は(正解)」→「すべての人々は(誤り)」という具合なのでぱっと読んだだけでは当然引っかかってしまいます。

 選択肢が4つあったとしたらそのうち2つはすぐに消せますが残り2つで迷います。こういう時は細かく分けていき一つ一つ検証していく、さらには出題者の意図を読むことが必要となります。

 「細分化」を意識して注意深く人の話を聞いたり読んだりすることによって騙されることが少なくなります!「細分化」して聞くこと、国語のみならず詐欺にも引っかからなくなるのでお勧めです。

-勉強法

© 2021 国語・読書感想文専門塾