古文

古文 説話

「思い込み」

2020/1/14  

  「沙石集」(鎌倉時代の仏教説話)には「藤のこぶ」という話が載っています。内容は次のようなものです。 【ある在家の人が山寺の僧を信じて、病気にでもなれば薬なども何を服したらよいか尋ねていた。すると、 ...

古文

紛らわしい古語

2020/1/2  

 古文において「かなしくしける女(むすめ)」の意味は次のどれでしょう? ①かわいがっていた②心配していた③辛く感じていた④同情していた⑤見捨てていた   【ヒント】かなしくしける女(むすめ) ...

古文 雑感

貧者

2019/12/26  

 私は周囲から変態扱いされています(笑)。なぜか?!「若い子を高く評価するから。」が一つの理由です。若い子の何を高く評価するか・・・?若いパワー?!もちろんそれもありますが基本的には「擦れてない、感性 ...

古文

クリスマスプレゼント🎁

2019/12/24  

    今日はクリスマスイブ!お店ではクリスマスソングが絶えず流れています。英語であったり日本語であったり。。。そもそもクリスマスは西洋から入って来たので「外国語」なのは当然と言えば当然です ...

古文 雑感

陰徳陽報

2019/12/4  

  高校生対象の過去の進研模試の古文問題に「陰徳陽報」についての課題文がありました。昔話や古典では「陰徳陽報」的な内容が多く、代表的な物には「かさこじぞう」が挙げられるでしょう。  「陰徳陽報」とは「 ...

古文 雑感

京・関東比較(徒然草より)

2019/11/24  

   「考えておきます」「結構です」  これらは果たして否定語?それとも肯定語?私が生まれ育った地域(関西圏)ではほぼ100パーセント「否定語」です。が、が、が、人によってはほぼ100パーセ ...

古文 図式化 未分類

図式化しよう!

2019/11/19  

   「きのふはけふの物語」(昨日は今日の物語)という江戸時代の仮名草子(仮名で書かれた読み物)の中にこんな話があります。「田舎から初めて京に出てきた人が道に迷わないように下人に目印を付けさ ...

Copyright© 国語・読書感想文専門塾 , 2020 All Rights Reserved.