国語勉強法

本文を読まずに答えを見つけられるのはなぜ?

 生徒からこんなふうに聞かれます。

「どうやったら先生みたいにパッと答えを見つけることができるんですか?」「本文を読まずに解ける方法ありますか?」「どこに答えが書いてあるかをどうやって探せばいいですか?」

などです。え?国語の文章は基本的には読まないことには解けません。読み方に工夫が必要なのです。生徒からすると私がパッと答えるので不思議で仕方がないようです。実はここにはカラクリがあります。

 私がパッと解いているように見える場合は・・・勉強ができる子を教えている時が多いです。なぜなら、生徒がきちんと長文の中の結論や主張の部分にチェックをつけてくれているからです。

 生徒がすでに引いている線の部分をピックアップしてそ答えのヒントを探します。そうすると本当に一瞬で答えが分かるのです。つまり生徒のおかげなのです。

 もちろん自分自身が予習する時でも、もある程度は一瞬で答えやヒントを見つけることはあります。しかし、生徒が印を入れている問題文よりも白紙の状態で解く場合の方が当然時間がかかります。

 だから私は生徒に言うのです。「君のおかげで私はパッと答えがわかるんだよ」と。さらに続けます。「なぜ君はきちんと大事なところに線を引いているのにそこを見ないの?そもそも何のために線を引いてるの?」と。

 意外と多いのです。大切な部分をチェックすることに集中して、それを活用しないというパターン!!むろんすべてのチェックがヒントや答えに繋がるわけではありませんが、生徒たちはもう少し自分に自信を持っていいと思います。

 闇雲に本文を読んで答えを探すのではなく自分が大事だと思って線を引いたところ、そこからまず答えを探すように心がけましょう。

-国語勉強法

© 2022 作文110番