国語勉強法

蛇足ゆえに✖

【蛇足】昔、中国の楚の国で、蛇の絵をはやく描く最初に描き上げた者がつい足まで描いてしまったために負けたという「付け加える必要のないもの。無用の長物(コトバンクより引用)

 国語の記述で✖や△になる場合、いろいろなパターンがあります。

①全く的外れのことを書いている

②言葉が足りない

③余計なことと書いてしまい、結果として全体の意味が変わってしまった

 

 ①は論外ですが、②③は本人はもちろんのこと保護者も「なぜこれが✖なの?」となることが多いです。特に③・・・。パッと見た感じ、よく書けているように見えるのです。

 しかし!!書く必要がないことを書いているため内容が答えとは全く違ってしまうケースがめちゃくちゃ多いのです。そもそも蛇に足を付けたら、もはやその時点で「蛇」ではなくなる未発見生物になりますよね。

 今日の例では「(問)○○はお母さんのが言った内容でどういうことが理解できていないのですか?」に対してお母さんのセリフ+そのセリフに対する○○の考えを書いたため✖でした。

 本来ならばお母さんのセリフの中から「・・・こと」としなくてはならないのです。わざわざそれに○○(主人公)の意見を書く必要はないのです。

 記述を見直す際に上記の①~③のどのパターンに当てはまるかをしっかりと把握し、今後に生かすようにしましょう。

-国語勉強法

© 2024 作文110番