国語勉強法

絶対に○○は入れない!

 国語の問題を解く時は「論理的に」「自分の主観を入れずに文中からヒントを探す」「パズルのように解く」が鉄則です。なぜパズルのように解けるか?「上手な文章ほど前後がつながっており矢印でつなぐことができるから」「矢印で結ぶことができるような文章ほど人を説得できるから」。

 例えば保険のセールストークとして

①日本人の2人に1人がガンに罹患し、3人に1人がガンが原因で死亡する=(つまり)あなたも「関係ない」わけではない

⇒(だから)ガン保険について検討したほうが良い

⇒(また)ガン罹患率の高い年齢層は70代~

⇒(だから)70歳以降も保障してくれるプランを選ぶのが賢明・・・といった具合にきれいにつながっていく。

 むろん国語の文章は長いし、上記のようにスマートに矢印で結ぶのは難しいかもしれません。ただ・・・国語という科目においては「あなたの考え」を聴いているわけでは決してないのです。

 あくまでも本文を客観的に読んで論理的に考えられるか?を聞かれているのです。とにもかくも、自分の主観でああだこうだと考えていると時間切れ、誤解答。。。ろくなことがないので、そのあたりは割り切りましょう。

-国語勉強法

© 2023 作文110番