作文 文章の型 読書感想文

それって・・・もう古いです。

 何事もそうですが、ずっと同じというものは少ないです。例えば、美人やイケメンの基準は今と昔は違いますよね。それと同じで親の世代における「作文や読書感想文の書き方」ルールというのは今や大きく変わってきています。

 例えば読書感想文は一昔前でしたら「僕が(私が)この本を選んだ理由は・・・です。」という書き出しが一般的でした。しかし今やそれはあまり高く評価されません。

 それよりも、印象に残った場面のセリフから書いたり、ダイレクトに自分の気持ち書くといったものが高く評価されます。なるほど考えてみればそうですよね。美味しい料理を食べた時に「この料理は○〇で□□だから美味しいです。」って言いますか?まず一口食べた瞬間に思わず「美味しいっ!」って言いますね。

 それと全く同じです。まずはストレートに自分の気持ち書くほうが読み手に伝わるわけです。にもかかわらず昔の基準で親があーだこーだと指導するというものはいかがなものかと思います。

 もちろんそれでうまくいけばいいのですが大抵は親子バトルになって後味の悪い結果になります。そうなった場合、無理せずに一回でいいのでプロに頼むのもありかなと思います。

 ちなみに私がリリースしている読書感想文講座プログラムは一度購入すると動画なので毎年使えます。もちろんご兄弟でも使えますし、いろんな意味でお得です。おすすめです。

https://peraichi.com/landing_pages/view/49kakeru

-作文, 文章の型, 読書感想文

© 2022 作文110番