雑感

ここでしか書けない(笑)

  Facebook 等では敢えておふざけ内容等を発信していますが、自分自身のホームページはコアな人しか訪問しないだろうという前提でこのブログは本音炸裂で書いています!!

 さて、最近、横のつながりである講師仲間といろいろと話す機会が多かった私。色々な保護者や生徒さんの話になります。誤解のないように申し上げます、どの塾の先生も生徒さんのことを決して悪くは言ってはいませんのでご心配なく。ただ・・・生徒さんではなく保護者には気をつけてるという声が多くあがっています(汗)。

 最近、保護者の方々から次のような声がありました。

➀「本当に3ヶ月で成績が上がりますか?果たして3か月で上がるのか?が気になります。」

②「こんなに国語ができなくて申し訳ないです・・・。」

 ➀②ともにビックリした私。①には正直言ってドン引きしました!3ヶ月で成績が上がるかどうかは実際に指導してみないと分からないことです。それを初回(体験授業)でいきなり言われても…そもそも第三者(指導者)に丸投げする気?責任持てませんと内心でつぶやきました(笑)。

 さらに言うならば、当の子供はというと、あんまりやる気はないタイプでした。私の本音が雰囲気として伝わったのでしょうか?担当は別の先生になりました・・・ホッ(苦笑)。

 ②には私は純粋にびっくりしました。なぜなら担当させてもらっている生徒(子供さん)はとっても素直でやる気があって、秘めた能力があるタイプなのに・・・保護者の方はそんな風に感じるんだと。言い方を変えると、保護者の方はキチンとしたいわゆる常識を備えたタイプなわけですが。

 ちなみに②のようなことをおっしゃる保護者って意外と多いんです。が、が、が、そのようにおっしゃる方の娘さん息子さんはほぼ100%伸びるタイプなのです。これに関しては常識がある保護者に育てられた子ども≒素直でやる気がある・・・と、相関関係があると言えるでしょう。

 ちなみに最初から自力でスラスラと国語を解ける人なんて100人に1人もいないでしょう。私自身、最初からスラスラ解けたわけではありません。めちゃくちゃ苦労&努力しました。それゆえに若い子たちに「無駄な努力&無駄な努力をする無駄な時間を費やす…」をさせたくない!という気持ちで今の仕事をしています。

-雑感

© 2022 作文110番