国語勉強法 指導法

間違い直しの有効な方法とは?

 テキストやテストで間違えた問題を直す際に有効な方法を1つ紹介します。それは以下です。

 

➀似たような具体例、ただし、実際の問題よりも簡単なものを前もって準備しておく

②①を使って本人に答えさせる

③②が正誤にかかわらず、なぜそういう答えになったかを本人に説明してもらう

④解き方、考え方を説明する

⑤ようやくテキスト・テストを本人に見せて考えさせる

  

 実際に上記の順番で進めると・・・生徒は「何で私(ぼく)は試験中にこの答えにしてしまったんだろう?」と言います。このように自分で気づけばしめたもの!次回からは正解する確率がグーンとアップします。

 ただし、➀を準備できるか?☜私はオリジナルで速攻で文章を作ります。本人が間違いに至るまでの考え方を教える側が見抜けるか?も大切になってきます。私は「〇〇くん(さん)は◇◇と考えてしまったんだと思うよ。」と過去の彼らの思考を代弁しています。すると彼らの理解が大幅にアップします。ぜひ参考まで。

 

-国語勉強法, 指導法

© 2022 作文110番