作文 添削

作文上達のコツは・・・?!

 「森下先生、お世話になっております。学校の課題も、作文の練習をしていたので、スムーズにできているようです。ありがとうございました。😊」

 4月から専門学校に通い始めた生徒さんのお母様から上記の連絡をいただきました!!嬉しいですね~~~!実はこの生徒さん、作文の指導開始が半年前。専門学校の入試において「志望動機」「将来の夢」等々を書く必要があったのに・・・全く書けない!学校の先生からは匙を投げられる!という状態からのスタート。

 正直言って、最初は本当に悲惨でした。学校の先生が匙を投げるぐらいなので、文章はめちゃくちゃなうえに本人の自己肯定感がゼロ・・・どころかマイナスの状態。しかし!今や別人のように上達しており、私はびっくりするやら嬉しいやら。

 そのことを保護者も気づいて下さっており、ありがたいことです。ちなみに作文は入試をクリアした後に重要になってきます。専門学校や大学、あるいは就職した後の方が高校時代よりも、さらに文章を書く機会が増えるのです。それゆえ、この生徒さんは今も作文添削を続けています。

 となると・・・え~~~っ!大変!頻繁に作文を書く時間なんてない!月謝もバカにならない!という声が聞こえてきそうですね。ご安心ください。私は本人のペースに合わせて、無理なく作文練習を続けられるよう「月謝制」ではなく「回数制」にしています。ちなみに上記で紹介した生徒、月に1本のペースでの提出。

 それでも確実に上達しているのです。上達へのポイントは➀正しい指導を受ける②とにかく続ける、この二点しかありません。別に1週間に1本・・・出なくてもいいのです。とにかく細く長く続けると必ず身になります。コースは複数設けています。下記を参考にして下さいね。

https://ticket.tsuku2.jp/eventsStore.php?scd=0000164133&oc=0001

-作文, 添削

© 2022 作文110番