国語勉強法 指導法

楽しく勉強するには?

 記憶するには「体験する」「イメージする」「納得する」ことが有効だとは誰しもが経験していることでしょう。とはいえ、ありとあらゆることを体験することは難しいので、勉強の暗記や記憶においては「イメージする」「納得する」ことが重要視されます。

 それゆえ私はいかにして生徒たちにイメージさせるか?を意識しています。具体的には図式化する、イラストを描いて説明する、イメージがわくような資料を作る・・・デス。

 ちなみに、私はあまりにもイラストが下手で、その下手さが生徒たちの記憶に残るようです(汗)。これってイメージで記憶するというよりもエピソード記憶って感じですね(笑)。

 さてさて、小学5年生の生徒が「おさめる」という同音異義語で迷走中。一応、口頭でそれぞれの意味合いについては伝えたのですがいまいちピンとこない様子。それゆえ、以下のような資料を先ほど作ってみました~~!

 クスッと笑えて楽しく覚えられると良いな~とワクワクしながら作りました。この資料を元に説明&書き込みをしていきます!!我ながら良くできた!と自負していますがいかに?!何はともあれ教える側も教えられる側も「楽しく」は欠かせない要素ですね。

-国語勉強法, 指導法

© 2022 作文110番