国語勉強法 雑感

温まりにくく冷めにくい?!

 初見となるとたちまち解けなくなる・・・というタイプって意外と多いです。定期試験も初見の試験も両方解けない場合は・・・勉強不足・努力不足の可能性もありますが、定期試験は点数取れるけれど初見は難しいというタイプに関しては努力不足では決してありません!「解き方のルール」を知らないだけです。

 解き方のルールとは言い換えると読解の思考法とも言えます。ちなみに「ルール」と言い切るには訳があります。この「読解の思考法」には再現性があります!決して一回きりのまぐれ・・・ではありません。

 とはいえ、この「読解の思考法」とはやり方を聞いてすぐに100パーセント身に付くか?と言われると、それは「否」です。数学における二次関数の解の公式のように、暗記さえすればすぐにできるというわけではありません。

 身に付くまでは時間が掛かるけれど一度身に付いたら、すぐに忘れたり勘が鈍ることはありません。まるで、水が温まりにくく冷めにくい・・・と似ているかも?それに対して国語以外の科目は、空気のように「温まりやすく冷めやすい」と言えるかもしれません。

 つまり、国語にもきちんとした再現性のある「解法ルール」がある、しかしそれは他の科目とは若干性質が違うと割り切って取り組みましょう。一人では厳しい…という場合はぜひともお声掛けくださいね!相談、体験、それぞれ1回(1時間)は無料です。

-国語勉強法, 雑感

© 2022 作文110番