作文 添削

え??本当に?知らないのは親だけ・・・?。

 小学生の文章を添削していると・・・漢字の間違いのみならず、ひらがな表記を間違えているパターンが意外と多いです。

(例)✕ ひこおき  〇 ひこうき

(例)✕ こうゆう  〇 こういう

(例)✕ こんにちわ 〇 こんにちは

などなどです。保護者は子どもの文章を見るチャンスが意外と少ないため、こういった表記間違いをわが子がしている・・・とは気づいていない場合が多いです。しかし、先にも書きましたがこれらは決して珍しいパターンではないのです。

 本人は発音通りに書くため、間違ってしまい・・・。そもそも間違いに気づかないのです。ではどうすればいいか?

漢字と共に覚える、もともとの語源から覚える、この2つの方法が有効でしょう。例えば「ひこうき」は漢字では「飛行機」となり「行」の読み方を「こう」と覚えることによって、表記・漢字の読みの両方を学べます。

 また、「こんにちわ」に関しては実は大人の人でもドキッとしたかも?ですね。実はこれは「今日はいいお天気ですね」といった挨拶が省略されて「今日は」→「こんにちは」になっていると知れば「わ」ではなく「は」になると納得がいくでしょう。

 むろん、最近ではわざと「は」を「わ」と表記する場合もあるようですが。ただし教育上の文章においては正しい方で書く必要があるので、まずは正しい表記をしっかりと覚えましょう。

-作文, 添削

© 2022 作文110番