勉強法 国語勉強法

ケアレスミス?NO!

 生徒に対しての口癖の一つに「普通に!普通に!考えすぎないで!」があります。「個性」や「オンリーワン」が尊ばれつつある今日この頃ですが、国語の問題文を解くときにはタブー。「一般的な」「普通」を意識することが大事です。

 この「一般的な」「普通」というのは、例えば日常生活において「食事の前に手を洗う」「トイレから出る時には手を洗う」といったレベルのこと。つまり、訓練して慣れてしまえば当たり前のように行うことが出来るであろう内容です。

 「最初の5文字を書く」「30文字で抜き出す」という問に対して、最初5文字はない、漢字を平仮名にしてしまったりというミスが多いです。国語が得意だったり、こういった問題に慣れている人からすると「当たり前」のことでしょう。

 しかし小中学生には多くある間違いなのです。絶対にこういうもったいないミスは避けましょう。

-勉強法, 国語勉強法

© 2022 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師