勉強法 国語勉強法

バランスが大切

 

 「先生!その比喩、めちゃくちゃ分かりやすいです!!」と高校生に褒められた私。一応プロですから・・・。プロとして当然と言えば当然ですが、何はともあれ分かりやすい表現を出来てホッとしています。

 比喩とは「たとえる」ことです。伝えたいことを分かりやすくするために別の物事にたとえて説明することで説得力が増します。

 とっても頑張り屋さんの女子高生Sちゃん。国語の問題集をシリーズをきちんとコンスタントでこなしており、基礎力はバッチリです。

 そこで、先日は別の問題集を宿題で出していたのです。やはりというべきか、同じ「国語」とはいえ雰囲気が違う~~と少々戸惑っていましたが、それなりに解けました。彼女からすると選択肢にひねりがないと感じたようです。

 その際に私は「いろんな問題集を解くことによってバランス力が養われる」と伝えるべくして「卵って栄養価高くてある意味スーパーフードだよね。でも・・・卵だけを毎日食べるってどう?」と問いかけたのです。すると、その瞬間に「なるほど」と分かってくれた次第です。

 はい、今日伝えたかったことは ①説得力を持たせるために「比喩表現」が有効 ②基礎がある程度出来たら、いろんな形式の問題に取り組む(バランスをとる)ことによって応用力がつく、この2点です。ぜひ参校にして下さいね。

-勉強法, 国語勉強法

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師