雑感

どこを分からないかが分からない・・・

 

  分からない問題を質問したくても「何をどう分からないか」を言語化できない・・・という場合って皆さんも経験があるでしょう。そういう場合は正直に「自分でも何を聞きたいのか分からない、何を分からないのかが分からない」と言ってもらうことが指導者にとっては有難いです。

 とはいえ、明らかに全く自力で考えずに(国語以外の科目で、よく「あるある」ですが・・・)「分からない・・・」と言うのは私個人としては認めません。なぜなら「やる気」がゼロ、自分で考えることを放棄しているからです。

 いつも書いていますが、「分からない」「理解力が乏しい」ことに対しては絶対に相手を否定しませんし、そういうことは全く気になりません。むしろ「分からない」「理解が難しい」なりに頑張っている姿を見ると全力で応援したくなります。

 本当に自分なりに考えて「分からない」のか、最初から「考える」ことを放棄しいるのかは長年の経験から瞬時で分かります。というわけで「こんな質問したら怒られるかな・・・、どこが分からないかが分からないっていいかな・・・」と悩む必要は全くありません。

 最初から放棄…の場合は、私の機嫌が悪くなります(苦笑)?!くれぐれも自分で考えてみて分からない場合のみの質問にして下さいね~!言葉にするうちに自分の分からないところが明らかになっていくこともありますし、私も一生懸命拾い上げます。

-雑感

© 2022 作文110番