作文 読書感想文

書き出しが命

 7月にリニューアルオープンした茨城県立図書館(水戸市三の丸)。新たにカフェが整備され、本はもとよりコーヒーをこよなく愛する私にはたまりません。が、が、がを新たに整備したカフェを示す看板について、県に「大きすぎる」という趣旨の問い合わせが相次いでいるそうです。

 カフェの導入を歓迎する利用者も多い一方、図書館よりもカフェが目立つ建物の外観に、県民からは「図書館がカフェに乗っ取られているようだ」という声が寄せられているとか・・・。結局はパッと見た時の印象が人に与える影響が大きいというのが世の常なのです。

 しつこいぐらいに私は文章において「書き出し」が大切!特に読書感想文においては「書き出しが命」と力説する理由は・・・パッと読んだ時の印象を読み手に強くする必要があるからなのです。

 一番、無難なのは本文中で印象に残った台詞を書き出しに使うこと。実際に、読書感想文コンクールにおける入賞作品の数々の大半は台詞から始まっています。

 何気にグーグルで調べて見たところ、見事に台詞から始まっている作品のオンパレードでした。是非皆さんも今年は「僕(私)が読んだ本は。。。」ではなく台詞から書き出してみては?!

-作文, 読書感想文

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師