雑感

個人のニーズに応えてくれるか?!

 

 本年度の指導が一段落し、少しずつ新年度のお問い合わせをいただいております。お問い合わせをいただいたときに私は必ず、相手の方の目的を伺い、それに応じて対応します。小規模塾や教室では大手教育産業のようなことは出来ないことが多いです。半面、個々人のニーズに対して迅速に対応することが出来ます。

 例えば大手の塾や予備校では「勉強を教える」のみです。予備校にはチューターと呼ばれる相談者がいますが、あくまでも「進路」についての相談がメインです。チューターに恋愛相談、人生相談などなどはしづらいでしょう。稀にそういった相談を受け付けてくれるタイプがいたとしても、時間的制約などの諸所の事情から頻繁に相談とはいきません。

 しかし、私のような個人の指導者の場合・・・本当にありとあらゆる勉強以外の相談も皆さん普通にします。悩みが勉強の妨げになっていることが実際に少なくないわけで。私に吐き出すことによってメンタルが落ち着いて、その結果として勉強に集中できるようになるというパターンが意外と多いです。

 とはいえ、個人だと料金が割高になってしまう傾向がありますが指導効果が出やすく長期間ではなく短期間だけの指導にすることも可能ですのでそのあたりのバランスを考慮していただきたいと思っています。一番もったいないのが、どうしようと迷っている期間が長いことです。なぜなら受験の日は決まっており、待ってくれないからです。

 何事も安易に「規模が大きいから」「知名度があるから」といった理由で選ぶのではなく、自分のニーズは?と吟味したうえで動いていただき、「ニーズに即している」と思ったらご一報を頂けたら・・・と思います。

-雑感

© 2021 国語・読書感想文専門塾