雑感

なりたい職業

  

 第一生命は17日、全国の小学生、中学生、高校生を対象にした、大人になったらなりたい職業のアンケート結果を発表した。男子では、小学生、中学生、高校生のいずれも「会社員」が1位で、女子でも中学生と高校生で1位だった。小学生の男子で「会社員」がトップとなったことについて、

(中略)

 同社では「コロナ禍でリモートワークの導入が進む中、自宅で仕事をするお父さん・お母さんの姿を目の当たりにし、会社員という職業を身近に感じた子どもが多かったのかもしれません」と分析している。(ヤフーニュースより抜粋)】

 この結果…現実的な将来像を描いている学生たちにエールを送りたくなった私です。かくいう私自身も大学卒業後はいわゆる「お勤め」をしていました。が今や自由業?!なぜ「教える」という仕事を選んだかとよく聞かれます。ズバリ!苦手・嫌いな仕事が多すぎたから。

 「職業に貴賤はない」とは理解しているつもりですが、自分自身にとって「不向き」な仕事があまりにも多すぎたおかげで「これ!」という適職を選んだという次第なのです。

 学生時代に学校の勉強ではなく、社会勉強することに精を出していたため「△△業界は絶対に無理」「□□業界もあり得ない」・・・とどんどんと消去されていき・・・。今となっては思うのです。若いうちから具体的な「これ!」という道を決めなくても「道」を選択するときには「消去法」オーライ!だと。

-雑感

© 2021 国語・読書感想文専門塾