慣用句・諺

正直者が馬鹿を見る

 「正直者が馬鹿を見る」という諺が昔から語り継がれています。【意味】ずる賢い者はうまく立ち回って得をするが正直な者は秩序や規則を守るために、かえって損をすることが多いこと。

 確かに・・・と納得する人も多いでしょうし個人的にもこの諺は半分真理をついており、ある意味致し方ないという想いもあります。まず、そもそもなんでもかんでも正直に言えばいい?ということに突き当たるのです。

 個人的には時と場合に応じて「愛のある」嘘ならOKだと思うわけで・・・。とにかく「正直に言う、行う」固執すると疎まれたり損することも出てきます。

 そういう意味では「正直者が馬鹿を見る」というのは当てはまるでしょう。また正直という言葉を自分の信念を曲げないことと勘違いすると行き詰まります。

 例えば「真面目に漢字をひたすらひたすら100回書きました!にもかかわらず大して練習していない人の方がいい点で自分は・・・。やっぱり世の中は正直者が馬鹿を見るんだ!」というのは少々ずれています。

 むろん本当にコツコツと正しい努力をしていても日の目を見ないこともあるでしょう。しかし長い目で見ると努力なしの要領だけのタイプは必ずメッキがはがれる時が来ます。

 人知れず頑張っている人のことを意外なところで人はちゃーんと人は見ているものだと信じて今日からも皆、ファイト!

-慣用句・諺

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師