作文 文章の型 添削

頑張れば芸能人並みになれる?

 作文や小論文の模範解答を見ると皆さんどう感じますか?びっくりしませんか?あまりの上手さに。私が学生の頃、模範解答を見てびっくりするとともに自分との作品の落差にショックを受けたものです。

 指導する立場の今でも、担当の生徒にここまでのレベルを要求するのは無茶ってものでしょう・・・と内心で感じることがしばしばです。でも、いいのです。模範解答はいわゆるその筋のプロが書いた物。

 芸能界で言うならば超一流俳優、女優レベル。一般の人間がどう頑張ってオシャレしたところで超一流の俳優・女優レベルにはなれません。それでいいのです。無理して骨格も何もかも違う人になろうとする必要はありません。自分らしさを最大限に生かしつつ魅力的になろうとすることが大切なのです。

 文章もしかり!作文というのはどれ一つとして同じ文章はあり得ないわけですし、テキストや模試と似たような課題は出ることがあっても全く同じ課題が出ることは、ほとんどないわけです。

 ですから模範解答を丸覚えしたところであまり意味はありません。模範解答を暗記するのではなく模範解答の文章構成などを分析して真似することが大切です。どういった順番で書いてあるか?等をしっかりと確認しながら書く自分で練習するわけです。

 たださっきから何度も言っているように答えが一つではない、はっきりと決まっていないからこそ自分なりにきちんと書いたつもりでも正解かどうかは不安ですよね。

 だからこそ作文はきちんとしたプロに見てもらう、添削してもらうのが一番です。自分らしさを最大限に生かす作品を書けるように練習する、これに尽きます。作文・小論文添削、少しだけ指導枠に余裕があります。気になる方、ぜひご連絡くださいね、

-作文, 文章の型, 添削

© 2022 作文110番