未分類

桜咲くためには・・・○○表現を覚えよう🌸

 皆さんは「桜咲く、桜散る」という言葉を聞くと何を思い浮かべますか?もちろんケースバイケースでしょうが受験生に対して・・・となると当然答えが決まってきますよね。

 「桜咲く=合格」「桜散る=不合格」という意味ですよね。こういった比喩表現はダイレクトに物事を表現するよりも比喩表現を使うことによって柔らかい印象を与えます。

 仮にいい内容であったとしても自慢にならないよう、良くない内容だったとしたら内容を和らげることができるというメリットがあります。デメリットとしては言葉通りにとってしまうと意味が不明になるという点です。

 「桜咲く 桜散る」に関してほとんど慣用句として使われていますが、国語の問題を解くあるいはは将来的に自分自身がセンスの良い文章を書きたいという場合、比喩表現を考えるのではなく、パターンとして覚えてしまう必要があります。

 もちろん完全にオリジナルのものは自分で考えればいいのですが、いわゆる決まりきった慣用句的な表現、例えば「屋根裏部屋でネズミ達が運動会を行っている。」などです。これは実際に運動会が行われているわけではなく、要するにネズミたちが走りまわってうるさいということを言っているのです。

 「運動会=走り回って大騒ぎしてうるさい」これを覚えておくと応用することができます。また「クマのような体型」というと、大きくて少しぽっちゃりしている、決してスレンダーというわけではないと分かりますね。

 こういう表現は慣用句として覚えておきましょう。なぜわざわざ比喩表現を使うのか?とかこの表現おかしいというツッコミ入れることはセンスがなさすぎです。日本語の感性を磨きましょう。

-未分類

© 2022 作文110番