国語勉強法

音読み、訓読み?!

 先日、次の2つの熟語(客間、荷物)について「重箱読み(音読み)+(訓読み)」、「湯桶読み(訓読み)+(音読み)」のどちらになるのか?またなぜそうなるのか?の質問を受けました。

 正解は以下です。

客間・・・キャク(音読み)+ま(訓読み)

荷物・・・に(訓読み)+モツ(音読み)

 

 残念ながら音読み、訓読みの絶対的な見分け方はありません。一つ一つチェックして覚えるしかありません。ただ、傾向としては「単独で意味が通じる読み方≒訓読み」とされています。

 今回の「間」「荷」に関してはこれらで独立した表現・単語として使われるので日本語読み(訓読み)と見分けるのが一番でしょう。

(例)「間(ま)がもたない、肩の荷(に)がおりる」

 

 ただし「本」を「ほん」と読む場合、パッと耳で聞いて意味が通じるから訓読み!と答えてしまうと✕です。実は中国の発音は語尾が「ン」で終わることが多く、今回の「ほん」は音読みです。語尾が「ン」≒音読みと覚えておきましょう。

-国語勉強法

© 2022 作文110番