勉強法 国語勉強法

顔付け出来ないのにバタフライ?!

 学校のテストではまあまあそれなりにいい点をとれるけれど外部模試になると全く点数が取れない、下手すると0点に近い・・・これ、あるあるです。そもそも学校のテストっていうのは学んだことを確認するためのテストです。

 それに対して外部模試というのは初見の問題なけで、つまり性質が全く違うわけです。もちろん本当に国語力読解力がある子はどんな問題でも初見でも対応できるでしょう。

 しかしそうではないないパターンが多いのです。じゃあどうすればいいか?「この点数を何とかして教えてください」という声を聞きますが私はその時に次のように言います。

 「まだプールで顔つけできないような子に対してバタフライ教えてくださいって言ってるようなものです。」と。気持ちは分かりますが、まずはビート板☞バタ足☞クロール・・・という段階を踏まないことには時間とエネルギーの無駄ですよ、と。

 短期間でバタフライとまではいかないにしても息継ぎなしのクロールができるようになるためにはどうするか?プロに指導してもらい、しかもその指導回数や練習回数を増やす、これが一番です。逆に言うとこれしか方法はありません。

 国語も同じです。日本語だからとりあえず本文を読むことは出来るでしょう。しかし「考え方」「解き方」を学んで練習することで初めて難しい初見の問題を解けるようになるのです。どうすることが一番大切か?そこをしっかりと考えてほしいです。

-勉強法, 国語勉強法

© 2022 作文110番