国語勉強法 雑感

私・・・速読できます。理由は・・・。

 最近またまた立て続けに「森下先生は速読学んだんですか?」と複数の方々から聞かれました。

 結論を言うと速読というものをきちんと学んだこともありません。しかし結果として速読が出来るようになっています。一般的な人の3倍の速さで文字を読んでいます。おかげさまで公立高校入試レベルであればパッと見た瞬間におおよその答えがどこにあるかは分かります。

 むろん確認のために最低限は本文を読みますが、その速さが半端ない…💦きっと私の眼球の動きは、挙動不審状態だと思います(苦笑)。私の様子を見る人たちが「どうやったら先生になりますか?」とか「速読してますか?」という質問を私に投げかけてくるのです。

 私個人の意見としては、速読をきちんと学ぶ時間、お金、体力といった条件が揃うならば学ぶのはすごくいいことだと思います。きちんとした協会や会社を選べばとっても優れたシステムで学べるようになっているからです。

 しかしそんな余裕がないという場合・・・、ご安心ください。実は国語の正しい解き方をマスターすることこそが速読を身に着けることに他ならないのです。つまり私自身が無意識のうちに速読の方法で勉強していたというわけです。

 国語には「解き方」が存在します。その「解き方」をマスターすることと速読のトレーニングは本当によく似ています。☜私自身、速読のシステムを何度も見せてもらったことがあります。

 ただ単にやみくもに「速く」ではなく、国語の解き方を学ぶ、論理的な考え方の訓練は速読につながるのみならず、本当に一生ものの「考え方」の力がつくと思います!!私の指導法は独特です、ご興味のある方、ぜひお問い合わせを。

-国語勉強法, 雑感

© 2022 作文110番