国語勉強法 対比

勝手に幽体離脱?しないで!!

 何事もじっくりと考えて自分の意見を持つことはとってもとっても大切です!!「考える」という習慣を持っているタイプには私は敬意を払います。が、が、が、国語という科目において「問」の答えについて考える際には、必ずヒントを本文中から見つけるという作業をすっ飛ばさないで!と言いたいです。

 先日、小学生テキストで次のような文がありました。

「晴れの日は外で遊びます。それに対して雨の日は家の中で遊びます。」

 もともとの問題は後半の部分(下線部)が空欄になっており「家の中で遊びます」と入れるようになっていました。小学生の生徒は、きちんと正解しました。

 気を良くした私は「この二つの文は対比になってるね。『晴れの日』と逆の言葉は何と書いてある?」と聞いたところ・・・。突然に幽体離脱をし始めた生徒!!!ウーンと空中を見ながら必死で考えた末に「あ、分かりました!!曇り~!」と元気よく答えてくれました・

 た、確かに・・・。晴れ=お日様が出ている。↔曇り=お日様が隠れている・・・。答えとしては間違いではありません。しかし私は「この二つの文・・・」と条件を出しているので、ヒント&答えは文中から探してほしかったのです。ハイ、答えは「雨の日」ですね。

 先にも書きましたが「自分で考える」「発想する」ことは素晴らしいことです。が、が、が、国語という科目における「問」は幽体離脱して空中を漂うのではなく紙面上の本文から「探す」!!!ことをまずは意識しましょう。

-国語勉強法, 対比

© 2022 作文110番