作文 添削

書いて書いて書きまくることが・・・

 文章上達の一番の近道って何だと思いますか?表現法、書き方、型を覚えること?漢字を覚える?

 ハイ、どれも大切です。が、が、が、一番の近道は・・・「とにかく書いてみること!!」これに尽きます。むろん、めちゃくちゃな文章を書いて書いて書きまくる・・・のは時間の無駄です。

 しかし、私のこのブログを読んでくださっているような方は意識が高い人が多く、最低限のやるべきことや、した方がいいであろうことはすでになさっていると思います。だからこそ敢えて「とにかく書いてみること」と断言します。

 今日は、社会人男性の体験授業でした。諸所の事情から文章を書くことが苦手なため現在、必死で勉強中とのこと。その一環として添削指導を検討して下しました。

 どんな方法で勉強しているかをお聞きしたところ、慣用句、四字熟語、漢字、助詞の使い方、文章の書き方といったありとあらゆる参考書や問題集をしっかりとご自分で独学なさっていました。そのため、読むことは難なく出来るしいわゆるビジネス文書的なものは問題なくできています。

 しかし、、、難しい参考書や問題集ばかりを必死で学習しているため「普通の作文」が全く書けないとのこと。参考書を見せてもらったところ、超難解な言葉や言い回しばかり!!思わず「そういった言葉は日常生活ではあまり使いません。難しすぎですっ」とつい本音が。

 結局、実際にテーマを出して、それについての文章を書いてもらってから具体的に添削していきました。その過程で書き方の工夫などなどをお伝えしました。後は最低限の知識をいかにして自分のものにするか?それにはとにかく「書いて書いて書きまくる」これに尽きるなあと実感します。

-作文, 添削

© 2022 作文110番