作文 指導法

日記って文章上達に有効?!

 文章上達を目的として「毎日、日記を書く」ことを子供、あるいは自分自身に課しているタイプが多いです。果たしてこの「日記を書く」とは文章上達に有効でしょうか?

 答えは・・・どちらとも言えないです。私自身(私の周りも)小学校のころ、学校の宿題として「生活日記」なるものを書いていました。本当に毎日です!!その結果、どうなったか?!文章力が付いたタイプもいれば全く進歩がないタイプもいたわけです。

 もしも日記を書くこと≒文章上達、ならば全員が上達するはずです。とはいえ、全く文字、文章を書かないよりは書いた方がいいでしょう。ただし、単に「書く」だけだと上達しないのでちょっとした工夫をすれば日記を書くことは文章上達の手段になります。

 具体的には「自分の気持ちを入れる」ことです。子供だけで、しかも日記をいやいやながら書いている場合は「○○しました。楽しかったです。」といった程度の内容です。
 
 その「楽しかった」を別の言葉で言い換えたり、どれぐらい楽しかったのか?どんな風に楽しかったのか?といったことを書くように意識させれば、日記を書くことは文章上達への一歩となるでしょう。

-作文, 指導法

© 2022 作文110番