作文 国語勉強法

作文・読解力共に上げるには

 「構成だけを短時間でやる練習ってあるんでしょうか。読解も出来ないので、困っています、、、。」

 これは課題型作文(課題文を読んで記述式の問に答える、400字以内の作文を書く)の練習をしている子供さんへの悩みの声です。

 私は次のように返信しました。

➀テーマに関して(1)書き出し(2)具体例(3)まとめ の3段階に分けて考える訓練を日頃からする。←机上だけではなく日常会話においてにでも試して下さいね!

②国語の課題文等を100字で要約する練習をする。←最初はかなり時間がかかりますが、徐々に時間を計って時間内に書くように意識する。←長い文の要点をつかむ訓練が出来ます。

 ①は課題型に限らずあらゆる作文に当てはまります。昔は「起承転結」と教わりましたが、そもそもが「起承転結」という言葉だけが独り歩きして内容を知らない、分からないという状態の人が多いです。

 それよりも具体的にイメージできるように意識することが大切です。また、②に関しては読解、記述練習などあらゆる国語対策に有効です。

 ただし、気を付けなくてはならないのが単に字数を合わせる・・・のではなく正しい要約をする必要がありますが。それについてはまたあらためて。

-作文, 国語勉強法

© 2022 作文110番