国語勉強法

一番やっかいな選択肢って?

 国語の選択肢って・・・難しいですよね。これでもか~っていうぐらいに紛らわしく作られていますから。私が受験生だった頃はここまで複雑ではなかったのに!と言いたくなります。

 いろいろな攻略法、攻略本が出回ったからこそ?!どんどん設問が難化していますね。特に受験生泣かせが次のようなパターン。

 それは・・・「すべての選択肢の内容が本文に書いてある」パターンです。

 どういうことか?選択肢として与えられている文章はすべて本文中にあるのです。しかし、1つを除いて他の選択肢の文章は「問われたことへの答え」ではないのです。確かに本文には書いてありますが、問の答えとしては正しくないのです。

 例えば中学2年生(14歳)の生徒に対して「あなたは何歳ですか?」と聞いたとします。正しい答えとしては「14歳」ですよね?それをウッカリ?「中学2年生です」と答えるようなものです。中学2年生という情報は確かに正しいです。

 しかし、問われていることに対しての答えとしては間違いなのです。こういった事象が国語の選択肢で起こりうるので、本当に「何を聞かれているか?」をしっかりと把握する必要があります。

具体的には「言い換え」「対比」「理由」のうちのどれに当てはまるか?と把握しましょう。

-国語勉強法

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師