国語勉強法

空欄に接続語を入れるコツ

 え??もったいない!!ここを落とす?!と某生徒の模擬試験の結果を見て少々ショックを受けました。接続語を空欄に入れる問題です。おそらくなんとなく、接続語をいれてみて違和感がないもの!と選んだのでしょう。

 確かに「コトバ」なので違和感なくスムーズに文章が流れる必要があるので、なんとなく接続語を入れてみて・・・は完全に間違いというわけではありません。しかし、それでは正答率が安定しません。

 結論を言います。接続語を入れる問に関しては接続語を入れるべき空欄の前後の文(合計、2文)の主語と述語をしっかりと把握することです。

 具体的には

(前)「仕方なく従うしかない(述語」、空欄、(後)「奴隷になるしかない」

これは「仕方なく従う≒奴隷」しかも後半が「奴隷」と一言でまとめているので空欄には「つまり」が入ります。

 このように接続語を入れるべき空欄の前後の関係、具体的には主語と述語をピックアップして比べる!これに尽きます。ぜひ参考まで。

-国語勉強法

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師