雑感

地に足がついていない≒幽霊?!

 

 ようやく暑さが和らぎ秋らしい日々になりましたね。さて、夏と言えば「怪談」「幽霊」話がつきもの!?今や、これらの話題は季節を問いませんね~。さて先日、面白い文章を見つけたのでここで紹介します。

【「幽霊」という言葉は、多くの方がご存知だと思います。(中略)まず、長い髪がなびいているのは、過ぎた過去に執着していることを意味し、だらんとした手を下にぶらさげているのは、未だ来るか来ないかわからない未来に余計な心配をし、取り越し苦労していることを意味ししています。

そして、足がなく宙に浮いているのは、現実に目を向けず、「今」という時間を大切に生きていないことを意味しているのです。このような三つの特徴を持つものを「幽霊」と呼ぶのです。】(訳せない日本語 大來 尚順著 2017.4.30初版 P135より抜粋)

 なるほど、「今」を生きておらず地に足がついていない状態≒幽霊≒怖いのです。確かに・・・・。ではどうすればよいか?地に足をつける≒ひとつひとつ目の前のことをこなす→今を生きることにつながる→怖さがなくなる・・・。

 試験が近くなると不安になるのは100人いたら100人に当てはまりますが、その不安を軽減するには目の前のできることをとにかくコツコツやるしかないんだなあと思います。

 これ以外には方法はどう考えても、長年模索したけれどないのです。パッと効く特効薬のようなものがあればいいのでしょうが、不老長寿の秘薬がないのと同様にこちらも存在しません。

 逆にいうと何もしない状態が宙ぶらりんが一番怖い!暑さを吹き飛ばすためには怖さは有効?だろうけれど不安や怖さが大きくなりすぎるとメンタルをやられてしまいます。とにもかくも足を地につけることを意識して今日からもひたすら精進します!

-雑感

© 2022 作文110番