読書 雑感

才能って・・・

 先日から読み返し始めた「項羽と劉邦」・・・遅々として進まない!(汗)。本を読むスピードは自他ともに認めるぐらいに速いのですが、「項羽と劉邦」は大好きなのでじっくりとじっくりと読んでいます。

 

 さて、劉邦は漢(現在の中国)の建国者ですが・・・農民出身(つまり家柄が良いわけではない)で逃げるのが得意・・・、条件だけで言うならば項羽の方が圧倒的に強さは上です。それではなぜ項羽を制することが出来たのか?次のような有名なエピソードがあります。

 

 「陛下は兵の将としての力はありませんが、将の将としての力をお持ちです。私が捕えられたのもそのためです。それに陛下の才能は天からの授かりもので、普通の人ではないのです」と天才武将、韓信が言うのです。

 

 人は「あれも出来ない、これも出来ない」と、「出来ないこと」や「足りないこと」ばかりに目が行きがちですが、「出来ない、足りない」部分を別の部分で補うことが出来る能力こそが大切であり、一番価値ある能力なのかなああ~と思います。それがとびぬけていると「将の将」となるわけで・・・。

 

 人はそれぞれ「得意、出来る、好き」な面を少なからず持っています。それに気づいたならばそれらを最大限に生かして「足りない部分を補う」、場合によっては人様とのお付き合い上でお互いの得意分野を生かし合えばいいのかなあと。

-読書, 雑感

© 2020 国語・読書感想文専門塾