雑感

不合格の場合・・・

  

 今年の高校入試に関しては担当した生徒たちは全員見事、合格でした。が、が、が、過去にはそうではないパターンもチラホラ。でも私は思うのです。結果は残念でしたが「試験を受けた」こと自体が💮だと。

 子供が不合格だった場合、親御さんから「先生の方から何か話してやってください。」と頼まれることがありますが基本的にはお断りします。

 本人が話をしたい、聞いてほしいというならば別ですが・・・。行きたい学校に不合格だった場合には、かける言葉がない、どんな正論を言っても通じない可能性がある・・・。下手すると相手の心を閉ざすことにつながるからです。

 先にも書きましたがあくまでもケースバイケースです。ただ、下手に同情したり一般論のきれいごとを並べることは無責任かなあと感じるのです。私自身、そういうことをされると有難いどころか「大きなお世話」だと受け止めます。

 こういう時こそ周囲は…自然体でそっと見守る、本人が解決するのを待つ事が大切かなと思う今日この頃です。

-雑感

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師