雑感

退塾できない?!

 意外かもしれませんが・・・「どうやって塾を辞めるか?」、つまり「塾の辞め方」について相談を受けることが時々あります。 数年前のこと(もう時効でしょう?!)

 

(知人①)「昨日、子供の授業が終わった後に塾長に『他の習い事などで忙しく、体力的や時間的に無理なので塾を辞めさせてもらいます』と言ったら、延々真夜中の11時半までお説教され、辞めることが出来ない状態なの。どうしよう。」

(私)「え?塾を辞めるのにそんなに大変なの?!まるでこれでは信仰宗教状態。そりゃ、雇われの塾長としては自分の実績に関わるから(お給料にも反映されるから)退塾者を出したくないのは分かるけれど・・・。」

(知人②)「塾を辞めると伝えたら凄い勢いで『この塾に来ても成績が上がらないのはおかしい!他の塾に行っても無駄だよ。』とすごい剣幕で言われたの。辞める意思は伝えたけれど、荷物を取り行くついでに菓子折りを持って挨拶に行くつもりで、○○先生がいない時を見計らう必要があるの。」

 

(私)「・・・。」(まるで『あなた地獄に落ちるわよ』と脅しまくるどこぞの占い師状態。あ、そういえば年齢的にも近いよね…あそこの先生。そういうキャラクターだから生徒が逃げるんだよ。)☜心の言葉。

 

 私なりにベストの辞め方と思われる方法をお伝えし、とりあえず皆さん無事に?!退塾しました。私?!勿論「去る者、追わず」、新しいと所で頑張ってね~!」と送り出します。そもそも「自立」して勉強できるようになることが最終目標ですから。

-雑感

© 2022 作文110番