未分類

読者にささる内容とは

 とある男性(家族構成。。。妻、子供4人、猫)からインスタで読者に刺さる文章って?!という相談がありました。ちらっと見せていただいたところ、短い文、語りかけの口調でとっても魅力的だったのですが。。。

 ご本人と話した後にインスタを見たため、インスタの文章がもったいなく感じました。本人の魅力が全くと言っていいほど反映されていないのです。いわゆる誰が読んでも心地よい文、内容が多いのです。

 読み手が知りたいのは書き手だけのオリジナルの経験、失敗談、やらかし談、どす黒い?本音です。文章、心理学を自分なりに必死で勉強してる方なので技法がどうというよりも自分の殻を外してガンガン、本音を書くといい、具体的な書き方を来週にお伝えしようと思っています。

 この「オリジナルの体験」を・・・とアドヴァイスは簡単ですが、いざ、書くとなると気恥ずかしい、バカにされないか?逆に自慢にとられないか?とビビるタイプもいます。大丈夫です。少なくとも「失敗談」「やらかし談」は読者は興味を持ってくれます!!

 さて、私、大学時代のゼミ合宿で恋愛遍歴について1人ずつ話すという場面になり・・・正直言って人に話せる内容がその当時「も」本当になかったのです。それゆえどうしたか?

 「皆の話とは少しだけズレるけれど・・・」と前置きをしてから「やらかし談?」を話したとことろかなりウケました。後日、他のゼミの友人から詰問を受けました💦「あなたの話がいちばんおもしろかったらしいけれど、いった何を話したの?」と。

 「自分だけの体験」は文章にすると読者に刺さる可能性が高いということです🖊ぜひ参考まで。※ちなみに私の体験談、文章にするときっと面白くないと思います・・・。学生という若い年齢で、あの場面だからウケたと思います。ハイ、例外ケースです💦

-未分類

© 2024 作文110番