勉強法 国語勉強法

単語が分からないから、全然内容が分からない!

 「朝30分やったのですが、記号問題、全然分からなかったようです。ゆっくり、自分でやらせた方がいいですか?それとも、授業で先生とやった方がいいですか?」

 「 とよだ 単語が分からないから、全然内容がわからないそうです。まずは、単語を覚えた方がよいですか?」

 

上記のラインが立て続けに来ました(同じ方からです)。結論を言うと分からないものを自力で・・・というのは時間のむだです。どうしても自力でやってみたい!その努力の過程を味わうのがいい、と言うなら止めはしませんが(汗)。

また古文や英語の単語に関してもむろん覚えるに越したことはありませんが単語帳を買ってきてブツクサ覚えてもすぐに忘れてしまうのがオチです。

 特に、掲載されている単語を上から順番にをたくさん覚えるのは効率がよさそうですが実際に出てきたときに、必死で暗記した単語を使われていることに気づかないことがしばしば・・・という悲しい現実があります。ではどうすればいいか?

 ポイントは➀「文章全体」で覚える。②問題集等を解いている際に分からない単語が出てきたら単語帳を辞書代わりにして調べて単語帳にチェック、問題集に意味を書く。この2点の作業をひたすら繰り返すことでスムーズに単語が身につきます。

 文全体として覚えておけば、単語を見た瞬間に記憶した文が脳裏によみがえってくるので単語の意味は勿論のことニュアンスも思い出すことが可能となるのです。また単語帳を辞書代わりにすることによって頻出単語から効率よく覚えられます。是非参考まで。

-勉強法, 国語勉強法

© 2023 作文110番