雑感

神授業(英語において…笑)

 ワタクシ、本日、中学3年生の受験生に対しての公立高校入試向けの英語の授業をしました。その際に本人及びお母様から「先生!!神授業!!先生、神」と大変褒めていただき光栄です。ここでみなさん注目して欲しいのが「英語の授業」というところです。

 私は国語を教えてると言いながら、諸所の事情から彼女にだけは英語も教えています。そしてその英語の授業で褒められたというわけ。なぜ彼女に英語を教えることになったか?理由の一つとしては公立高校入試レベルの英語であれば結局は国語力があれば簡単に解けるということ。

 だから今日の授業で私は一体、何度「国語と同じ考え方、解き方!!」を連発したことでしょう。私は音読させたり、発音をチェックしたりは一切しません。英語の先生からすると邪道と思われるかもしれません。

 しかし、先にも書いたように公立高校入試レベルであれば、どうやったらいかに早く正確に解けるかということを重視した「解き方」があるのです。そしてそれに特化して教えています。その際に国語の解き方が役に立つのです。

 結局は国語があらゆる科目の土台っていうのは動かない事実なのです。そのことを生徒及び保護者の方には十分実感して頂けると思いますし国語をしっかりやれば他の科目も比較的、成績が伸びやすいことを理解いただけると思います。私の神授業、ただし「国語限定」を体験したい方ぜひご連絡ください。

-雑感

© 2022 作文110番