国語勉強法

抜き出しって100パーセント本文中に答えがあるはずなのに・・・

 「抜き出し」の問題が出来ない・・・という声を最近よく聞きます。保護者からすると「もったいない!!百パーセント答えが本文中にあるのに!うちの子は何をやってるの?」と思うようです。

 お気持ちは分かります。私も生徒には「抜き出しは点数減だよ!」と日頃から言っていますから💦では、「抜き出し」の問いが簡単か?と聞かれると「NO!」。出題者側はまことしとやかに「ひっかけ」をほどこしていますから。

 ではどうすれば正しい答えを見つけることが出来るか?

➀空欄を含む文全体の言葉をチェックする

②➀でチェックした言葉を同じ言葉が書かれている段落を探す。

(例)情報共有や意思の疎通・・・(  2文字  )・・・コミュニケーション・・・。

(  2文字  )に当てはまる言葉を探す際に、「情報共有」「意思の疎通」「コミュニケーション」という言葉が何度も使われている段落を探すというイメージです。すると、かなり離れた段落・・・という場合がありますが、たいていは( 2文字 )に当てはまる言葉が見つかります。

 (    )や棒線の問題は近くを探せばいいんでしょう?とばかりに、近くばかりを探し、無理やり2文字の言葉を抜き出したところで正解にはなりません。空欄補充に関してはどこに書いてあるかを「探す」ことを意識することが大切です。

-国語勉強法

© 2022 作文110番