作文 指導法

どうやってまとめる?!

 「昨日の2回目の過去問の作文すごく良かったんですが、最後のまとめも文末が微妙・・・。小学生だからそんな感じが普通なんだとは思いますが」

 これは保護者からの意見です。さすがは保護者!子供のことをきちんと分析なさっており、塾の先生よりも的確・・・!!ちなみに彼が書いた作文に関して私も全く同じ意見で、そのように動画添削をして送っています。

※保護者の方は動画を見る前に上記の感想を書いて下さいました。

 では、どうやって最後のまとめを書くか?練習するか?今回は適性検査や入試といった➀時間制限がある②比較的短い文章、この2点のときについて書いていきます。

➀最初の主張と同じ意見を書く

②模範解答の書き写しを練習する

 この2点に限ります!①に関しては、味気ない・・・と思うかもしれません。確かにそうでしょう。しかし、全く違う言葉で表現しようとして本題からズレることによって減点されてしまうともったいないです。少なくとも➀を実行すると減点はされません。

 書き出しと全く同じ表現はパス!という場合、課題文がある場合は課題文の表現を参考にして文を作るのも有効な方法です。

②に関しては書き写しをしながら「正しい文章構造」を身に着けていこうと意識することです。そうすることで気が付くと正しい書き方を出来るようになるのです。

 以上を参考にして下さいね。

-作文, 指導法

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師