紹介・連絡 雑感

才能ではなく技能が必要!

 

 文章・国語において「才能」って必要だと思いますか?半分以上の方々から「もちろん、才能は必要でしょう」という声が聞こえてきそうです。結論を申し上げますと・・・、小説家といった特殊な?職業を目指す!以外は才能は必要ありません。小中高校で求められる国語・文章においては「才能」ではなく「技能」が必要なだけです。 

 それでも・・・「技能」って難しいんでしょう?特殊な方法で続かないのでは?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。確かに巷で紹介されている成功法などは「誰にでもできます」と言いつつも、実は誰にでもではない・・・そもそもが「毎日続けること、続けられる性格」こそが才能という場合が少なくありません。

 例えば「何の才能もない僕でもできたのですから、あなたも出来ます。ただとにかく実直に3年間、毎日毎日○○を続けることだけです。」といった意見があります。しかし、3年たたないと効果が出ないの?今まで3年なんて続いたものがないというのが大半でしょう。

 その点、国語・文章における「技能」とは時間、すごーーい努力なんてことは全く必要ありません。あえて必要なものとしては「素直さ」だけです。とにかく「素直」に言われたとおりにやってみると必ず成果が出ます。早い場合は、その場 で・・・10分以内に身につきます。

 詳し「技能」について学びたい方、ぜひぜひHPを熟読し、お問い合わせくださいね!

-紹介・連絡, 雑感

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師