四字熟語

捲土重来

 

 

 「捲土重来(けんどじゅうらい)(意味)一度敗れたものが、勢いを盛り返して再び攻めてくること」という四字熟語があります。言葉や意味はずーっと以前から知っていましたが、実はこれが中国の大将、項羽に関係する言葉だと知ったのは実はつい最近です。

 ※項羽とは古代中国「秦」を倒した二大英雄(項羽と劉邦)のうちの一人。「四面楚歌」の四字熟語の元となった人物として有名。 

 さて「捲土重来」は、項羽が漢の大群に敗れ、自刃して果てた烏江の古戦場を訪れた唐の詩人・杜牧が、「項羽が恥を忍んで江東に逃れて入れば、そこは優秀な青年がそろっていたので再起し、地面を巻き上げるような大勢力で、再び中原(中国の中心地)に返り咲くことが出来たかもしれない」と詠んだ故事からきています。

 私は思うのです。きっと項羽は江東に逃げることも考えただろう・・・と。しかし、項羽ほどの人間だからこそ「引き際」を見据えたのではないか?と。

 最後の最後まで諦めないことは大切、そのことに対して矛盾するかもしれませんが、ある程度の見極め引き際をも見据えることはよりよく生きるためには必要なことなのでは?とも思うのです。

 例えば、自分自身が不治の病に侵されて余命まで宣告されたとします。代替医療はないか?となんとか生き延びる選択肢を探し実行するでしょう、でも必死であれやこれやとやってみて・・・いよいよ「ああ、もうやるべきことはやった」という時には事情が許すならば緩和ケアに切り替えるような気もします。

 それは決して敗北だとは思いません。いかに生き延びるか→いかに人間としての尊厳を持ったまま生ききるかと私は選択するでしょう。むろんこれらには決まった正解はありません。

 ただ一つ言えることは最期を迎えるときに後悔しない選択をし続けていきたいということ。ふと「捲土重来」という言葉の由来を知って思いました。話がいきなり飛びましたが、受験生の皆さん!後悔のないように最後まで納得いく対策(どの学校に進学することになっても後悔しない努力)をしましょうね!

-四字熟語

© 2021 国語・読書感想文専門塾