勉強法 国語勉強法

基本は主語と述語

 

 

 文章の骨組みは言わずもがな・・・「主語」と「述語」!まずはこれをしっかりと把握しておく必要がありますが・・・。記述問題などの採点をしていると、本文中において「まとめる」部分は合っているものの、主語と述語が合っていない解答がちらほら。

 折角「おっ、いいぞ~」と思いきや最後の最後でこけるというパターンが多いです。本人としては字数以内に収めようとして必死がゆえに最後の最後(つまり述語)を削ってしまうのです。

 本来ならば修飾語を削るべきところなのですが。むろん述語をいれるべきだとは皆分かっていつつもど複文(主語・述語の関係を二組以上持っていて、それが対等でないもの)になると途端にパンクしてしまい、支離滅裂になるのです。

 それを避けるためには①問いに対しての答えの主語と述語をしっかりと把握する。②自分が書いた文章の主語と述語が合っているか?を意識する、この二点に尽きます。

 この訓練をしっかりしておくと英語の長文読解においてもどこまでが主部か、さらには主部が長い場合においてはどれが主語かを見分けることが出来るようになるでしょう、ぜひ参考まで。

-勉強法, 国語勉強法

© 2022 作文110番