鑑賞

鑑賞

泉下の客

2020/10/28  

 「日本語は美しい!」  改めてそう思いました。何気に読んだ文章に「泉下(せんか)の客となる」「幕を閉じた」とありました。亡くなった人のことを書いていることから「泉下の・・・」「幕を・・・」共に「亡く ...

語彙力 鑑賞

文章のまま!ありのまま!

2020/10/1  

 「渾沌(こんとん)」、「混沌」、「カオス」・・・これらの言葉から、あなたはどんなイメージを持ちますか?辞書的には「混ざり合って区別がつかないこと、無秩序」となりますが・・・。  高校生Aさん、「渾沌 ...

鑑賞

変化していい物、悪い物

2020/9/27  

 「国語が乱れている」と感じる人が20年前と比べて減り、「乱れていない」と感じる人は増えている――。文化庁が25日に発表した2019年度の「国語に関する世論調査」で、日本人の国語の乱れに対する意識の変 ...

古文 鑑賞

古典は新しい?!

2020/9/25  

 国語において「小説を解くときは絶対に感情移入をしないこと!ヒントは本文にある。」と口酸っぱく言っている私。にもかかわらずワタクシ・・・古典「平家物語(軍記物)」を読んだり、解説する際についつい感情移 ...

鑑賞

「秋」≒「人生」

2020/9/4  

 立秋をとっくに過ぎたとはいえ、まだまだ暑い日が続いており、秋の訪れが待たれますね。さて、「秋」には皆さんどんなイメージを抱くでしょうか?「読書の秋」「食欲の秋」などなど色々な言葉を思い付くことでしょ ...

鑑賞

ヒントは本文中に?!

2020/8/25  

 「ヒントは本文中に!」 が今日の題名です。これを見ると「ハイハイ、国語はヒントが本文中に必ずあるので、それを探せってことでしょう?探し方についての蘊蓄?!」と思われたかもしれません。  残念でした~ ...

鑑賞 雑感

わらう

2020/8/22  

 「嗤う」を読めますか?これは「わらう」と読みます。「嗤(わら)ってくれ。詩人に成りそこなって虎になった哀れな男を。」というセリフが中島敦の「山月記」に出てきます。    李朝が自嘲してる場 ...

慣用句・諺 鑑賞

縁を切る≠距離を置く

2020/8/12  

 「袖振り合うも多生の縁(そでふりあうも たしょうのえん)」という諺があります。「人と人との関係は単なる偶然によって生ずるわけではないので、大切にしなくてはならない」という仏教的な考え方です。  「多 ...

鑑賞

漱石枕流

2020/8/1  

 世の中には「知らない方が良かった・・・。」という物事があります。一方「知らなくても問題は全くないけれど、知っている方が楽しい!」ということも存在します。その一つが、ちょっとした表現や知識でしょう。 ...

鑑賞

ガンバリズム

2020/7/25  

 「日本人は全体を考えないでとにかく継続するのはいい事だと言う盲目のガンバリズムに走りやすいですのでね。」   これは知人の台詞です。  ガンバリズム!  確かに~~~!この言葉、私のツボに ...

© 2021 国語・読書感想文専門塾