国語勉強法 雑感

国語≠読書

 国語の成績とと読書量が比例するということは否定しません。しかし必ずしも読書をすれば国語の成績が上がるかと言うとそれは一概には言えません。なぜならば読書と国語科目とは似て異なるものだからです。

 読書の楽しみは自分なりに感情移入して想像や妄想を楽しむことにあると言えるでしょう。特に物語文なるそうですよね。しかし科目としてのの国語はそのことがマイナスになるのです。

 自分の主観を入れて解くことは絶対にやってはいけないことなのです 。国語で点数を取りたいならばとにかく論理的に解くこれがポイントです。にもかかわらず数多くの生徒達が深読みをしてしまいます。

 どういうことか?例えば「主人公の気持ち」を聞かれたときに、自分自身が登場人物になりきって自分だったらこうすると勝手に答えてしまうのです。そうなると当然バツです。

 もちろん読書をするメリットはたくさんあります。まず語彙力増える、速く読めるようになるなどのいろいろメリットがありますが、読書と国語という科目は全く別物と意識してほしいです。読書は感情移入して楽しむもの、国語はとにかく客観的に読むものであって自分の主観では解かないことを徹底しましょう。

-国語勉強法, 雑感

© 2023 作文110番