国語勉強法

詐欺には要注意!

 「うまい話には裏がある」という慣用句的な表現があります。あまりに自分にとって都合の良い話を持ち掛けられた場合、その話には表に出ない隠れた事情が潜んでいると疑うべきだという意味です。

 この表現はいわゆる処世術の教えとして使われますが、国語の「ひっかけ問題」にも当てはまるのです!一言でいうと・・・国語におけるひっかけ問題はまさに「詐欺」そのもの(笑)。

 「傍線③の説明として正しいものを選び、記号で答えなさい」という問に対してアが正解で、ひっかけの答えとしてイ(本文の表現をそっくりそのままの内容)が存在するのです。

 どういうことか?ひっかけの解答イは傍線の答えとしてはおかしいというもの。もしも本文全体の内容の正誤を問うものならばアとイの両方が正解になります。

 しかし今は傍線③について聞かれているので、いくら本文に書かれているからといってもイは答えにはならないという状態。つまり、14歳の中学2年生に対して「君の名前は?」と聞いた時に「14歳です」と答えるようなもの。

 本人にとって14歳という年齢は確かに間違いではないですが、聞かれているのは年齢ではなく名前なので「山田太郎です」といった具合に答えるべきなのです。

 日常生活における当たり前のこと?だと答え方を間違えることはなくても国語の長文の場合だと、ついつい「あ、本文に書いてあった!ラッキー!分かった!」となりがち。要注意です!

-国語勉強法

© 2022 作文110番