国語勉強法

語彙を増やすって意外と簡単?!

 語彙を増やすには?一般論でいうならば多読(沢山本を読むこと)ですが、忙しい学生にとって「読書」に時間を割くことは至難の業。しかも「読書すればいいんだ」とばかりに必死で文字を追うだけでは語彙は増えません。一番効率がよく、役立つ方法の一つは国語テキストやテスト問題を解きながら語彙を増やすことです。

 例えば「傍線部は何を求められていると言えるか?9段落の内容をまとめなさい。」という問に対して、生徒たちは9段落を必死で読みます。ですが、どこにも「求められている」なんていう親切な表現はないのです。

 しかしよく見ると「~が必要」という表現が3つもあるではありませんか!つまり「求められている」=「必要」だと気付けば答えの7割は出来たも同然。「求める」の意味が分からない生徒はいないでしょう。

 とはいえ、「求める」が本文ではどんな表現に言い換えられているかを意識しないと解けません。つまり「言い換え」を日頃から意識していると少々、高度な?!言葉や全く知らない言葉に出くわしたとしても比較的すんなりと理解できるようになります。
 
 日本語だからと言ってすべての言葉を覚えるなんて不可能で、むろんその必要もありません。長文中の英単語が分からない場合、前後から予測して読み進むのと同様に取り組んでみましょう。

-国語勉強法

© 2022 作文110番