勉強法

侮ることなかれ「書く」こと

 私事ですが、「書く」って記憶に定着するなあと実感しました。毎日、やるべきことリストを作って行動するのですが、あら不思議!!先日、いつの間にか帰宅したらメモが消えているではありませんか!折角、終わった用事を消そうと思っていたのに(泣)

 仕方ないのでまだ終えていない用事をもう一度リストアップした後、夢の超特急で1つ1つこなしていきました。思わず、あれだけのリストを抜けることなく思い出せる私って天才?!と自画自賛(汗)

 思いついたことや覚えたことをメモ書き(アウトプット)すると記憶に定着するんだなああと実感しました!書くのは面倒、目だけで覚える!というタイプもいますが、たとえ1回でも「書く」としっかりと記憶に残ることがよーく分かりました。

 そもそも、書かなくても完璧に覚えられる…ならば板書を写メすればいい、あるいは参考書や教科書だけでいいわけですよね?確かに漢字をひたすらひたすら100回書く・・・というのは無駄ですが、それでもせめて3回は書くべきだと思います。

 つまり書くことによって脳内の情報が視覚化されるのもメリットなのです。ほんと書くことは侮れないです!かくいう私の「現実逃避したい」という無意識からメモをなくす・・・という行為も侮れませんが。ぜひ参考まで。

-勉強法

© 2022 作文110番