作文

いったいどっち?!

 個人事業主という立場上・・・多くの方々から色々なセミナー、勉強会、セミナーのお誘いを受けます。興味がある内容の場合には参加しますし、そうではない場合は丁重にお断りします。

 逆に私自身が、自分が所属している会のセミナーなどを周囲に勧めることもあります。その際に・・・はっきりと意思を示してくれるとありがたいのですが、どっちつかずが一番困ります。

 決して無理強いするつもりはないので、「興味がない」「参加できません」と言ってもらうとありがたいのですが。9割の方はきちんと意思表示をしてくれますがたまーに「ん??どっち?」という場合が。

 そう言えば関西では「考えておきます」≒「ノー」、関東では「考えておきます」≒「真面目に考える」だそうです。ちなみに私は関西出身なので当然「考えておきます」≒「ノー」です。

 さて、こういったあやふやな意思表明は日本人の謙虚さとも言えるでしょう。しかし!!!作文や小論文はこの謙虚さは大幅減点です!!減点どころか下手すると点数がもらえません。

 本音は「どっちつかず」であったとしても必ず自分の立場をはっきりさせましょう。そしてもう一点。自分の意見ばかりをごり押しするのではなく、途中で「反対意見に対しての一定の理解」を書き、その後で反対意見を落とすのです。

 日常生活における会話と文章ではルールが全く違うので要注意です!!!ぜひ参考まで。

-作文

© 2021 森下藍理 国語・文章・読書感想文指導講師